BIZ&TECH Terminal

RN2

出退勤記録アプリ「シュキーン」を開発した、北海道のプログラマー集団"インフィニットループ"って?<前編>

ビジネス

09113.png

「始業5分前の混雑をゼロに」をコンセプトにした、iBeacon対応のクラウド勤怠管理アプリ「シュキーン」がリリースされた。iBeacon機能を搭載した勤怠管理システムは日本初。開発したのは北海道のベンチャー企業、株式会社インフィニットループだ。

「弊社は2007年設立の新しい会社です。設立からしばらくは紙に出退勤の時刻を記録していましたが、急激な社員の増加に伴い自社用のシステムを自作することになりました。自分たちにとって一番使いやすい理想のシステムを完成させたところ、社員や弊社に出入りしている協力会社の方からの評判も良かったため、クラウドサービスとして作り直しを行い今回のリリースに至りました」。そう話すのは、株式会社インフィニットループの松井健太郎代表。

■北海道で随一の技術力を誇る会社に

 シュキーンには、SuicaなどのNFCカードやおサイフケータイをかざして出勤する「かざして出勤機能」と、iBeacon対応スマートフォンを使って通っただけで出勤できる「通って出勤機能」を装備。会社によって勤務ルールが多様化しているため、どの会社でも使える汎用性を得るために苦労したという。

 iBeaconを活用したアプリ自体が少ないなか、ユニークなアプリを完成させたインフィニットループ。この会社、実はプログラマー集団でもある。

「弊社は、業務の98%がゲーム関連。シュキーンのようなプロダクトは特殊なケースになります。通常の会社は、営業や総務など様々な職種がありますが、弊社は社長も含めてほぼプログラマーだけで構成されています。この特性を活かし、今では北海道で随一の技術力を誇る会社になったと自負しています」(松井さん)

 プログラマーたちによる会社の躍進は、まだこれから始まったばかり。そのビジネスマインドはどこにあるのだろうか。(後編に続く)

■シュキーン
http://www.shukiin.com

■松井代表による「地方IT企業が成功していくための3つのポイント」
http://www.infiniteloop.co.jp/blog/2013/11/20131124aomorislide

2014.09.11 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI