BIZ&TECH Terminal

RN2

警備会社の連携が生み出した、新たな高齢者向け見守りサービスとは?

ビジネス

09302.jpg

 セントラル警備保障株式会社、ダイヤル・サービス株式会社、株式会社こころみの3社が業務提携して新たなビジネスを展開する。それが、一人暮らし高齢者向け見守りサービス「つながりプラス」における、「安心駆け付けサービス」と「安心相談サービス」だ。警備会社による、機器を使用しない緊急駆け付けサービスは日本初となる。

「もともと各々で高齢者向けサービスを展開する3社が、警備、電話相談、見守りというそれぞれの得意分野を集結させることで、一人暮らし高齢者を持つご家族のさまざまな不安を解消させるサービスを作り上げました。単なる足し算を超えて、真の一人暮らし高齢者のためのサービスを作ることができたと考えています」と、連携に至る経緯やメリットを話してくれたのは、株式会社こころみの早川さん。

 これまで、一人暮らしの高齢者の不安については機械による見守りが主流だった。しかし今回の連携により、機械を使わずに、日常の会話も含めた見守りと家族への報告に加え、緊急時の駆け付けも提供できることになる。

「『安心駆け付けサービス』は、ご家族からの要請があった際に、ご高齢者のお宅に2時間以内に駆け付けます。連絡が途絶えた際は、警備会社の警備員が駆けつけるので安心です。『安心相談サービス』では、健康に関する悩みなどを、看護師や介護・福祉関連の有資格者に24時間いつでも相談できます」(早川さん)

「つながりプラス」は1~2年以内に1000人の利用者を目標にしており、「安心駆け付けサービス」と「安心相談サービス」はこのうち50%の500人の利用を目指しているという。

「今後は新サービス(オプション)に加え、さまざまな展開を検討していきます。一人暮らしの高齢者を取り巻く宅食や家事代行サービスなどとの連携や、介護・医療分野との連携も積極的に進めていきたいと考えています」とも。

 現在の日本は4人に1人が65歳以上という高齢化社会だが、2035年には3人に1人が65歳以上になると推計されている。今後、もっと身近なものになっていく見守りサービス。その狼煙とも言える「つながりプラス」は今後の高齢化社会を支えるビジネスとして定着しそうだ。

 オプションの「安心駆け付けサービス」は月額2,500円、「安心相談サービス」は月額500円。現在は入会金無料、月額利用料金が3カ月間3,000円になるキャンペーンを実施中とのこと。

■つながりプラス
http://tsunagariplus.cocolomi.net

2014.09.30 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI