BIZ&TECH Terminal

RN2

虎ノ門に謎の覆面サラリーマン?新たな"非公認"キャラが名前を募集中

カルチャー

Biz_sozai.jpg

 昨年11月、埼玉県羽生市で開催された「ゆるキャラサミットin羽生」。2日間で45万人以上が訪れた同サミットだが、なんと2100万円の市費に対し、その経済波及効果は18億3000万円にも上ったという。

 止まる所を知らないゆるキャラブームだが、東京・港区の虎ノ門にも新たな"非公認"キャラが誕生した。プロレスラーの格好に「虎ノ門」の文字をあしらったマスク。パンツに少しだけ乗った腹の肉が愛らしい、覆面のサラリーマンだ。

 キャラクターを手がける「come on 虎ノ門」製作委員会は、「虎ノ門をハード面だけではなく、ソフト面からも活性化させたい」という思いから集まった有志による会。

「例えば新橋といえばサラリーマンの街、銀座といえば大人の街と、東京には『○○な街』という代名詞がつく場所が多いが、こと虎ノ門にはそうした代名詞がなく、そもそも虎ノ門という街を知らない人も多い。そこでこの街をより身近に感じてもらうために、何かコアになるアイコンを作ろうと思った」と担当者。ちなみに、誕生のきっかけは会議中に描いていた落書きだという。

 現在、同製作委員会ではこのキャラクターの名前を募集中。応募の締め切りは2月末まで。選考の後3月下旬に発表を予定している。新たなキャラクター界のスターの名付け親になれるチャンスかもしれない。

■come on 虎ノ門
http://come-on-toranomon.jp/

2014.01.29 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI