BIZ&TECH Terminal

RN2

Googleとリーバイスがコラボ?スマホが操作できる"スマートジーンズ"を開発

ガジェット

06291.jpg

 グーグルとリーバイスが共同で、触るだけでスマートフォンの操作が出来る、伝導性のある繊維の開発に成功した。これにより、ITがファッションや衣料に与える可能性が広がり、ウエアラブルデバイス革命はさらに進むことになるだろう。

 その恩恵を受けたのが、ファッションアイテムとしても今や定番となっているジーンズ。デニム生地に伝導性のある繊維を織り込むことで、デバイス操作ができるジャカードが誕生。従来の布地と同様に裁断したり、洗濯したりすることも可能だ。このテキスタイルは「プロジェクト ジャカード」と呼ばれるそう。

 この新しいテキスタイルを使えば、タッチパッドの機能を持たせた布地の一部を指で叩いてスマートフォン内の音楽を再生したり、生地を上下になぞることで音量を上下したりすることができるようになるとか。もちろんアイデア次第で様々な使う方ができそう。

 2016年秋にはマーケットに導入予定だというので、他の企業が開発する「スマートウエア」とともに、ファッション業界も巻き込んだ一大ムーヴメントとなりそうだ。

■Welcome to Project Jacquard
https://www.youtube.com/watch?v=qObSFfdfe7I

2015.06.29 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI