BIZ&TECH Terminal

RN2

ネットニュース界に「はてな」が一石を投じる!新感覚ニュースアプリ「Presso」、中の人の狙いは?<後編>

モバイルニュース

presso2.jpg

 ネットニュース界において、「LINE NEWS」や「SmartNews」といったスマホで読むためのニュースアプリが台頭するなか、はてなブックマークなどで知られる「はてな」が、新たにiPhoneアプリ「Presso」の提供を開始した。

「政治・経済」「テレビ・芸能」「サッカー」などのジャンルの中から自分が興味ある分野を選び、そのなかから今話題のニュースを一目でチェックできるという同アプリ。前編に引き続き、開発の裏側とPressoの狙いを、企画担当である森口さん、広報担当の山田さんに伺った。

■既存のニュースサイト、ニュースアプリとの違いは?

 現在Yahoo!やexciteといったポータルサイト、更にはmixi、LINEなどのSNSが日々多くのニュースを配信するなか、これらとの大きな違いは一体何だろうか。「まずひとつ目の特徴が、Pressoでは28種類という豊富なジャンルの中から、自分の好きな分野の記事を選んで読むことができるという点。つまり多様な読者に対応できるサービスと言える」と森口さん。ネットニュースは読み手の性別、趣味嗜好に合わせてどのような記事にニーズがあるかが変わってくる。その点Pressoでは、例えばアニメにだけ興味のあるユーザーはアニメに関する記事だけ表示させたり、女性のユーザーなら「ファッション・美容」「恋愛・結婚」といったカテゴリを選択することで、その人その人にぴったりのニュースをチェックすることができるというわけだ。

「更に、Pressoではそれぞれの記事についた『はてブ』のコメントを読むことができるのも特徴のひとつ。メインの記事に加え、他の人の感想や意見にも目を通すことで『こういう考え方でこのニュースを読むことができるのか』という気付きにもなるのでは」と森口さん。第三者の意見を読むことができる点に関しては、「はてな」さながらの仕様だ。

 現在、「はてな」(はてなブックマーク、はてなブログなど全サービス)のユーザーは385万人以上。人気の記事に"バズ"が発生しやすいだけでなく、これだけのユーザー数を抱えるだけあって、面白い記事が取りこぼされることもない。

 また、Pressoの今後の展開を聞いてみたところ「これまではてなブックマークを知らなかったような方、特に若いビジネスパーソンや学生さんなど、まずはたくさんの方に使ってもらいたい」と山田さん。「仕事や趣味など、自分のフィールドを持っていて、なおかつインターネットで情報収集することに抵抗のない世代にはマッチするアプリだと思う」(森口さん)。

 細分化されたカテゴリの選択や、コメントの表示など「はてな」ならではの特徴が盛り込まれた同アプリ。今後も、多くのユーザーを抱える「はてな」からどんなサービスが展開されるのか注目だ。

■Presso
https://itunes.apple.com/jp/app/presso-sosharunyusu-matomemoburogumo/id799334646?mt=8

2014.04.23 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI