BIZ&TECH Terminal

RN2

業界初の座席レイアウト機能搭載!飲食店の予約機能を一元管理する「ebica(エビカ)予約台帳」

モバイルニュース

03103.jpg

 O2Oサービスを展開する株式会社エビソルが、飲食店向けに提供している予約台帳サービス「ebica(エビカ)予約台帳」のiOS 8対応版アプリをリリースした。「座席レイアウト機能」を搭載した予約台帳アプリのリリースは業界初だという。

 ebica予約台帳は、飲食店の予約情報と顧客情報をパソコン・iPadで簡単に一元管理できるクラウド型サービス。飲食店ホームページから店舗の空席情報をリアルタイムに反映し、予約を受け付けることが可能となり、電話での予約の際はスタッフがebica予約台帳に入力することで、電話・Webに限らず、予約データを一言管理することができる。

 今回のiOS 8対応版アプリのリリースによって、パソコンとiPadを用途や利用される状況に応じて使いわけることが可能となり、クラウドサービスのメリットを最大限活かせるようになった。また、パソコンの使用感の利便性の高さはそのままに、タブレットの直感的な操作に対応することで、より簡単にebica予約台帳を利用できるようになった。

 注目すべきは、アプリでは業界初となる座席レイアウト機能だ。店内の座席レイアウトを俯瞰図で表示し、それぞれの座席の空席状況の確認や、配席・予約管理などすべてを一画面で行うことができる。従来の紙の台帳やマグネットなどを使った、配席と予約業務を別々に管理する方法では、配席や空席状況、予約の状況など確認作業が多数必要だったが、この機能を利用することで大幅に時間・人員コストを削減できる。

 利用料金は、初期設定費50,000円、月額運用費20,000円(契約店舗数により相談可)。ebica予約台帳を導入することにより、前述したコストだけではなく、確認漏れといった人為的ミスも激減することから、良心的な価格設定といえるだろう。

 現在、多くの飲食店の予約受付割合は"電話:Web=9:1"となっているが、ebica予約台帳によりWebの比率を上げていくことで、繁忙時や営業外の時間も予約を受け付けることができるようになり、効率的な空席在庫管理が可能となる。

 ebica予約台帳は、店舗運営者だけではなく、顧客にとっても予約受付を円滑にする画期的なアプリとなるだろう。

■ebica
http://www.ebisol.co.jp/

2015.03.10 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI