TOPICS

ロボットジャーナリズム時代到来! スポーツの試合結果やニュースを15億本以上配信

August 12, 2016

 世界的な通信網を有するアメリカの大手通信企業、AP通信が、人間のように滑らかなライティング機能を自動生成する技術を有するベンチャー企業、Automated Insights社と提携し、マイナーリーグの試合結果を自動生成されたニュース記事で配信していくことを発表した。

 これまでもAP通信は、企業の決算書などの簡単なリリースの執筆はロボットに任せる体制をとるようになっていたが、その領域を広めていくのが今回の狙いだ。

 この画期的なイノベーションに一役買っているのが、人工知能とビッグデータ解析を応用させたソリューション「Automated Insights」の自動記事生成技術だ。すでにヤフー!やサムソンなどの世界的な大企業でも導入されており、年間15億本のテキストコンテンツを自動生成してきた実績を持っている。

 AP通信ではこれをメジャーリーグベースボール傘下の「トリプルA」「ダブルA」「クラスA」に所属する13リーグ、142チームの試合結果レポートに導入することとなる。

 AIによる人間の仕事への置き換えは様々な分野で行われているが、ライティングという人間ならでは仕事だと思われていた領域にもその波は押し寄せてきている。ロボットによるジャーナリズムが実現される日もそう遠くない将来に訪れるのかもしれない。

■AP通信
http://www.ap.org/