TOPICS

日本にも上陸間近! 米スタートアップが開発した動く写真共有アプリ「Polaroid Swing」とは?

August 16, 2016

 スマートフォンのカメラ機能は、ここ数年で大きく性能が上がった。それによって、写真や動画を共有し合う行為がスタンダードとなっている。さらに、iPhone 6s/6s Plusに搭載されたLive Photosは、カメラの常識を覆し、新たな映像表現を世に放っている。これはシャッターを押す1.5秒前後の映像と音声を記録する機能で、写真でも動画でもない方法で記録することが可能になった。

 アメリカのスタートアップPolaroid Swingは、Live Photosのように動く写真を撮影し共有することが可能なアプリ「Polaroid Swing」の開発を手がけている。Twitter社の共同創業者であるビズ・ストーン氏や、Polaroid社などが出資するなど、業界内でも注目を浴びているという。

 Live Photosと異なる点は、アンドロイドなどの端末でも利用できるところだ。撮影した1秒間の動く写真は、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアと連動させて共有することが可能だ。また、アプリ内で画面をタップしたり、端末を振ることで画像を動かせるという。

 たった1秒間だが、そこで見られる情報量には無限の可能性があるだろう。写真と動画の一歩先を行くPolaroid Swingは、日本にはこの秋に上陸予定とのこと。新たな時代の中心になりうる特大ブームを巻き起こすことに期待したい。

■Polaroid Swing
https://www.polaroidswing.com/