TOPICS

時代に合わせた新しい働き方を提案! 新感覚のインタビューメディアがオープン

September 2, 2016

 社会が多様化する中で「働き方」は、いま最も変化が求められている領域だ。そうした現状を踏まえ、パラレルキャリア、リモートワーク、短時間正社員、子連れ出勤など、実際にその最前線に立って新しい働き方を模索する人たちをフィーチャーするwebメディア「Fledge(フレッジ)」が創刊された。

 メディアのコンセプトは、個人がより自分らしい働き方を実現させること。取材形式で企業と個人の実例を紹介し、新たな発見と行動を起こせる場を提供するのが狙いだ。「Fledge」を運営する株式会社ななえふの鶴見さんは創刊の経緯を次のように語る。

「シゴトを楽しむ人、そして人生を楽しむ人を増やしたい、そんな想いからこのメディアを立ち上げました。弊社は『シゴトを楽しむ、人生を楽しむ』というテーマを経営理念に掲げている組織です。自分がどんな人生を歩みたいのか、そのために仕事は人生においてどういう存在であるべきか、そして、どんな働き方をすることが理想の人生へ繋がるのかを一人ひとりが考え実践し追求しています。
私たち自身がまずは仕事を楽しみ新しい働き方を実践する、そして発信していく、その中で何か一つでもキッカケを提供することができれば、そう考えています」。

「Fledge」の提案する"自分らしさ"とは、自分で主体的に考え選択することを指している。これまでは、会社に所属する全員が同じ場所で同じ時間だけ働き、その中でパフォーマンスを出すことが求められてきたが、働き方に変化が起きている現在、正解とされる働き方は存在しない。そうした中で、今この瞬間をどう生きたいかと自分自身と向き合い、個性を活かして「主体的に働いて生きる」ことこそが何より大切だということを発信していくことを使命としている。

 これから迫るAI社会で必要とされるのは、他人とは違う個性をどう社会に活かしていくかということが1つの命題となることは間違いない。自分といっそう向き合い、その答えを出した人だけが次のステージに行けるのではないだろうか。

■Fledge
https://fledge.jp/