TOPICS

Googleが通話ビジネスに本格参入? ビデオ通話アプリ「Duo」の利便性に注目

October 6, 2016

 Googleが、iOSとAndroidの両方で使えるビデオ通話アプリ「Duo」をリリースした。コンシューマー向けのビデオ通話アプリで、アカウントをつくらなくても携帯の電話番号だけで利用可能になる手軽さが売りだ。

 もちろん、Googleのビデオ通話といえば「ハングアウト」があるが、こちらはグループでのやり取りができてパソコンでも利用できる。一方、「Duo」は携帯電話番号を持つスマホに限定され、グループ使用はできない。「ハングアウト」がビジネス向けであるのに対し、「Duo」はプライベート利用を想定するなど、住み分けもしっかりできているようだ。

 数多く展開されているビデオアプリの中で、「Duo」の最大の特徴は電話に出る前に相手の様子をライブで確認できる「ノックノック機能」を搭載しているということ。相手がどういう状況で電話をかけているのかを知ることができるという点が画期的だ。

 また、「Skype」などと違い、「Duo」はアカウントを作成する必要がないのも便利。アプリをダウンロードして連絡先へのアクセスを許可すると使えるようになる。その他、通信環境がよくない時は自動的に解像度を下げて通話を維持する機能なども搭載される。

 よりパーソナル化が進む現代社会は、こうしたプライベートシーンに入り込めるサービスが高い支持を集めるようになってくるだろう。googleは、そうした未来図と照らし合せながら着実な一歩を踏み出した。

■Duo
https://duo.google.com/