TOPICS

面白法人カヤックがついに葬儀ビジネスに参入? 「鎌倉自宅葬儀社」設立へ

October 14, 2016

 上場後もユニークな施策で楽しませてくれる面白法人カヤックが、新たに自宅葬に特化した新会社、株式会社鎌倉自宅葬儀社を設立した。

 コンセプトは「最後の思い出も、家でつくる。」。近年、葬儀業界では、高齢化による葬儀の小規模化が進む一方、家族が故人を見送るのに十分な時間が確保しづらいという傾向がある。鎌倉自宅葬儀社は、臨終の後に家族が落ち着いたタイミングで打ち合わせを行い、葬儀のコンセプトから内容までプランニングをする。

 一般的に葬儀が最短2~3日であるのに対し、約1週間の時間をかけて作り上げることで、故人との想い出を家族や友人と語り尽くす丁寧な自宅葬を提供するのがウリだ。まずは持ち家率が高く、在宅医療を推進する鎌倉・湘南エリアから開始される。カヤックで広報を務める明石瑠美さんは、その背景を次のように語る。

「現在小規模葬儀への需要が高まっています。故人の高齢化によって家族や友人がすでに亡くなっているケースが多く、近所付き合いの希薄化が進んでいるため、必然的に葬儀への参列者も減少します。こうした中で高齢者自身が大仰な葬儀ではなく、家族や近しい人々に送り出されたいと望む声が増えているのです」(明石さん)

 伝統的な葬儀形態の1つでありながらも、減少傾向にあった自宅葬。近年の葬儀の小規模化の流れによってその価値が見直されているといえる。

 慣れない葬儀の対応についてコンシェルジュが手厚くケアしてくれる鎌倉自宅葬儀社は、そうした要望を実現する将来性の高いビジネスといえるだろう。

■鎌倉自宅葬儀社
https://www.kayac.com/service/jitakusou