TOPICS

ヘルメットなしでも走行可能? 人工知能を搭載したBMWの次世代バイク

November 18, 2016

 IoTの登場により自動運転カーの実現が高まってきた現在、バイクももちろん進化を遂げないわけにはいかない。その先陣を切ったのがドイツ車の貴公子、BMWだ。

 BMWが思い描く未来を表現したというバイク「Motorrad VISION NEXT 100」は、新たなテクノロジーを搭載し、インターネット接続によって二輪の乗り物に十分な「知性」を搭載することを可能にした。ドライブアシスタント機能により、ドライブのスリルを残しながらも安全性を高めたドライブを楽しむことができる。

 BMWの担当者は、そのドライブ体験を次のように語る。「目指したのは、バイクを利用する人々が重要視している要素との融合です。エンドユーザーは道を走る開放感を感じつつも、安全面での課題はバイクに搭載されている人工知能システムが担ってくれます。プロテクターやヘルメットを着けなくても乗ることができますし、システムが走っている道の先を予測することで事故を避け方をドライバーに通知してくれます」。

 映画『アキラ』で登場するバイクさながらのデザインと機能を搭載するクールな一台はバイク業界を盛り上げる起爆剤となるか。しばらく様子を見守っておきたい。

■Motorrad VISION NEXT 100
http://brand.bmw-motorrad.com/en/stories/design/vision-bike.html