TOPICS

次世代ストリーミングアプリの大本命? 「Vine」の制作者が次に仕掛ける「Hype」とは

December 7, 2016

 サービス終了を発表した「Vine」の製作者が新たなアプリを開発したことが話題となっている。

 Hypeと呼ばれる新たな動画共有サービスは、非常にインタラクティブな作りが特徴的だ。リアルタイムで動画を配信することができるのは、これまでのサービスと同様だが、加えてカメラロール上にある写真やビデオ、GIF動画なども共有することが可能だという。さらに、iTunes上の音楽を直接流したり、テキストと絵文字も加えることができ、視聴者たちも動画主に質問を投げかけたり、ほかのユーザーを誘うこともできる。

 ブロードキャスト用の画面は、自由自在にアレンジすることができるのもポイントが高いだろう。配信者は、分割画面を使って配信内容をより細かく伝えることができるので、より効果的にコンテンツとして成り立たせることが可能に。  実際にどんな使い方がされているのかと言うと、NYのアパートから現地の最新ニュースを配信したり、ゲームの達人がゲームについて語ったりと、個人の得意分野を生かした独創的なチャンネルが散見される。こういった新しいサービスは、いち早く試した者勝ちとも言えるだろう。まずは登録して、お気に入りのチャンネルを見つけてみては。

■HYPE
https://medium.com/hypeofficial/are-you-ready-for-hype-we-think-you-are-c29d6ffce46a#.a6hudwpbs