TOPICS

もう空港で荷物を無くさない! 搭乗前に預けた荷物を追跡するサービスが登場

December 20, 2016

 有頂天になるはずの海外旅行が、一転して悪夢と化す事態がロストバゲージだ。出発時に空港で預けた荷物が到着した空港で出てこないケースは多々あり、原因は主に経由地点での荷物の積み替えミスが挙げられるが、最悪荷物が見つからないということもあり得る。

 そんな不安を払拭できる新サービスを、アメリカのデルタ航空が開発。チケット予約やチェックインを行えるスマートフォンアプリ「Fly Delta」のバージョンアップにより、空港で預けた荷物を自分で確認できる追跡機能を実装する。

 デルタ航空は、2016年に荷物追跡用の新型RFID(Radio Frequency Identification)タグを市場投入。電池を必要としないこのRFIDタグにはID情報が埋め込まれており、4,600台のスキャナーと3,800台のRFIDバッグタグプリンターなどを配備したチェックポイントを通過するとタグがスキャンされ、荷物の現在地を把握することが可能になる。新型RFIDを使ったこのサービスは業界初で、荷物紛失の可能性が10%減少されると期待が寄せられている。

 また、荷物がチェックポイントを通過するたびにユーザーにプッシュ通知を届ける機能も年内に追加予定。追加対象はデルタ航空が定期便を運行するアメリカの全84空港が対象だが、今後は随時対象エリアを拡大していくという。

■Fly Delta
http://ja.delta.com/content/www/en_US/mobile.html

■Fly Deltaアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/fly-delta/id388491656?mt=8