TOPICS

親子で夢中に! 組み立て式プログラミングキット「Kano」

January 5, 2017

 カメラやスピーカー、ピクセルマシーンを自分で組み立て、さらにコーディングやプログラミングも学べるという「Kano」は、子供から大人までが楽しめるキットだ。まるでレゴブロックで遊ぶかのように、シンプルで分かりやすい工程で完成させることができる。しかも、3つセットで279ドルか、1つ99ドルというリーズナブルな価格で手に入れることが可能だ。

 まずは、5メガピクセルという、ソーシャルメディア上でシェアするには申し分ない画質が撮影可能なカメラにフォーカスしてみよう。スナップや動画の撮影ほか、オリジナルのフィルターやフラッシュも追加できる優秀な小型カメラは、付属の冊子にシンプルなイラストと子供向けの簡単な英文で手順が紹介されている。組み立てた後は、アプリ上でコーディングを行い、手を鳴らせばシャッターが押せる機能、赤外線を使った待ち伏せシャッター機能など、自身でカスタマイズして追加することができる。

 スピーカーも非常に機能的だ。Bluetoothスピーカーであることはもちろん、小さなドラムパッドを接続してビートメイキングもできるようになっている。さらに、ジェスチャーセンサーを取り付けることで、音量を変えたり、音を歪ませるなどのエフェクトをかけたりと、オリジナルの音を作ることも可能。

 大人も子供も、間違いなく夢中になるのがピクセルキット。組み立てた後は、Kano Codeというオリジナルの言語を使って、170万色の光のパターンをプログラミングしていく。天気や気温を知らせてくれたり、音楽に合わせてアニメーションが動くようにしたり、ゲームを作ったりと、幅広く楽しめる装置はクリエイティブ心を刺激してくれるだろう。

 学べて遊べるキット「Kano」。子供の自由研究などにも役立ちそうだ。

■Kano
https://www.kickstarter.com/projects/alexklein/creative-computing-for-all