TOPICS

飲酒運転を撲滅できそうな小型アルコールパッチに期待

January 10, 2017

 サラリーマンにとって欠かせない飲みニケーション。ただしお酒が弱い人やつい飲みすぎてしまう人にとって、お酒に因る翌日のバッドコンディションはできるだけ避けたいものだ。

 そんな状況を未然に防いでくれそうなのがアメリカで誕生したスタートアップ、DermaTecが開発中の、色の変化で識別可能なアルコール検知パッチ「ONUSblue」。クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で出資を募っている。

 パッチは着用者の汗の成分を分析して、含有アルコール量に対応してパッチのカラーが変化するというもの。色はホワイトから濃いダークブルーまでで、ブルーの色が暗くなればなるほど、アルコール分量が多いこと表す。

 パッチは水に強く、検査で痛みを感じることもない。費用もコーヒー1杯分よりも安いという。法律の取り締まりをはじめ、運転業務系の仕事の安全管理などの分野で活躍しそうなアイテムといえる。

 こうした未来の商品は今もクラウドファンディングサイトで続々と誕生している。早急な商品化と日本への上陸に期待したい。

■ONUSblue
https://www.indiegogo.com/projects/onusblue-color-gradient-alcohol-detection-patch-technology#/