TOPICS

自宅のPCで簡単にHIV検査? USBスティックタイプの検査キットが斬新

January 19, 2017

 自宅で健康診断や特定の病気の有無、または自分の遺伝子などを調べられるキットが普及し始めている。そんな中、HIV検査までもが自宅で簡単に行えるようになりそうだ。

 新たに開発されているHIV検査キットは、イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンとバイオテック企業DNA Electronicsの科学者らによって研究が進められている。検査デバイスはPCに差し込むUSBスティックの形状をしており、わずか30分で結果が分かるという。

 これまでのHIV検査は、保健所や病院などのしかるべき専門機関を訪ねて採血をし、結果が出るまでにはおよそ一週間の時間がかかっていた。しかしながら、今回発表されたHIVの検査キットは、血液を一滴デバイスに垂らして、USB経由でPCに差し込むだけで完了するというわけだ。非常にデリケートな病気なだけに、不安があって医療機関を訪ねることができなかったり、プライバシーの問題が気になるという人でも、自宅で簡単に検査ができれば安心だろう。

 血液の酸度からHIVウィルスの強度までが分かるとのことで、すでに病気を持っている人もそのレベルを調べることが可能なのだという。現在はまだ研究の段階だが、実用化が進めば多くのHIV感染者が病気と付き合っていく方法を見出していけるかもしれない。

■インペリアル・カレッジ・ロンドン
http://www3.imperial.ac.uk/newsandeventspggrp/imperialcollege/newssummary/news_9-11-2016-18-16-13