TOPICS

朝日新聞が宅配代行業に参入! ASAネットワークを活かした新ビジネスに期待

January 26, 2017

 朝日新聞社は、インターネットで出前注文を受け付ける「出前館」を運営する夢の街創造委員会と業務提携契約を結び、宅配代行事業へと参入を果たす。

「出前館」は飲食デリバリーのポータルサイトとしては国内最大級の規模で、会員数は856万人、加盟飲食店数は14000店以上。利用者はスマートフォンなどで「出前館サイト」から簡単に出前を注文でき、年間の注文数はなんと1300万件を超える。

 この提携により、朝日新聞社が有する朝日新聞販売所(ASA)は出前館からの受注情報を受け、近隣の飲食店から商品を受け取り、利用者へ届けられるようになる。朝日新聞者の担当者によれば、「今年3月をめどに首都圏で協業1号店を開設して実証実験をはじめ、対象エリアを順次拡大させていく計画だ」という。

 デリバリー機能を持たない飲食店の宅配代行を実現させることができれば、地域経済に大きな貢献をすることになるのは間違いない。朝日新聞社としても、全国に2000箇所ある販売所とその従業員6万人のネットワークを有効活用することができるため、お互いのビジネスにプラスをもたらす連携となるのではないだろうか。

■夢の街創造委員会
http://www.yumenomachi.co.jp/