TOPICS

100名の学生をインターンで米国に派遣! メルカリが目指すグローバル戦略とは?

February 3, 2017

 世界を視野に入れたビジネスを展開するメルカリが、新規の人材採用活動の一環としてアメリカ50州に計100名の学生を派遣するインターンシッププログラム「BOLD INTERNSHIP in USA」の募集を開始した。

 対象となるのは国内外の学校に通う博士、修士、学部生で学年は不問。高専や専門学校などに通う生徒でもメルカリでの就業を検討している学生であれば応募できるという。

 募集する職種はエンジニア職が50名、企画職が50名の計100名で、採用された学生はアメリカ50州のうち、無作為に決定された1州に派遣され、2月から4月の期間内の1週間をその州内で活動することになる。

 メルカリで取締役を務める小泉文明氏は、「アメリカは1つの国ながら広大で、価値観や文化、行動様式など様々な違いがあります。より多くのユーザーに日々利用されるようになるためには多くの改善が必要となり、今回学生の方々に1週間時間を使ってもらい、若い感性で多くの提案をしていただくのが狙いです」と語る。

 すでに全米での2000万ダウンロードという実績を持つメルカリ。この結果を足がかりに、グローバルを攻略する上で必要になるのは人材は若い感受性で考えられる力に違いない。学生側にとってもにグローバルな経験をさせてくれるスタートアップに参加できるのは希少な価値となるのではないだろうか。

■BOLD INTERNSHIP in USA
https://www.mercari.com/jp/recruit/boldinternship/