TOPICS

資生堂が化粧品ベンチャーを買収! 肌の色測定技術を活用して新事業を展開

February 15, 2017

 大きなシナジーを生み出す事業エンジンを創り出すため、大企業による先進的なベンチャー企業の買収が相次ぐなか、化粧品の最大手、資生堂がアメリカ生まれのスタートアップ、マッチコー(MatchCo)を買収したと発表した。

 マッチコーは、2013年にパーソナライゼーションとデジタル技術の専門家であるデイブ・グロス氏とアンディー・ハウエル氏によって創業。特許を取得した技術をもとに顧客がスマートフォンのアプリケーションを使って簡単に自身の肌色を計測し、その肌色に合ったカスタムメードのファンデーションをオンラインで購入できるダイレクトEC事業を展開している。  2015年11月の配信スタート以降、「ベストニューアプリ」や「月間ベストアプリ」などに選ばれ、また『ティーンヴォーグ』や『グッドハウスキーピング』などの雑誌でビューティー関連の賞を受賞するなど、非常に注目度も高い。

 資生堂グループのCEO、魚谷雅彦氏は「革新的なデジタル技術を有するマッチコー社をグループに迎えることを大変嬉しく思います。イノベーションの創出は資生堂グループが最も注力している戦略の一つです。急拡大するデジタルとパーソナライゼーションという領域においてイノベーションを加速させることで、世界中のお客さまにまだ見ぬすばらしい価値を提供できることを楽しみにしています」と意気込みを語る。

 美容領域の新しい時代を切り拓く重要なキーワードは「パーソナル化」に違いない。その分野にいち早く手をつけ、ダイレクトマーケティングの拡大と消費者との直接的な繋がりから得られる顧客データのマーケティング活用などに繋げようとする資生堂の新たな動きは、手堅く賢明な一手になることだろう。

■MatchCo
http://www.getmatch.co/