TOPICS

キッズ専用のLEGO版インスタグラムが誕生! 今年中に世界16カ国でスタートする予定

March 10, 2017

 今も昔も子どもたちから愛され続けているレゴブロック。最近では動物や乗り物、機械や道具などのロボットを、プログラミングを学びながら作ることができる「マインドストーム EV3」なども発表され、時代を先取りしながら子どもの心を掴んでいる。

 そんな中で新たにレゴがリリースしたのは、レゴ専用のソーシャルメディア「LEGO® Life」だ。インスタグラムと似た作りのLEGO® Lifeは、自分が組み立てたレゴ作品を撮影してシェアをして、レゴで遊ぶ子どもたち同士が交流できるという仕組みだ。ソーシャルメディアは通常、子どもが利用することは不可能になっているので、LEGO® Life親の承認を得ながら利用することになる。

 まず、LEGO® Lifeのアカウントを取得するために、子どもたちは保護者に交渉をすることから始めなければならない。無事に承認を得たら、自分のアカウントを作成するが、その場合も個人情報は特定されないようにする。ユーザーネームを決め、自分の分身となるレゴ人形をアプリ上で作っていく。このように、別の自分をブランディングしていく過程は、ソーシャルメディアにおけるリテラシーを自然と学ぶこともできる気がする。

 LEGO® Lifeに投稿できる写真は、いくつかの縛りがある。年相応な写真であること、現実の人間は載せないこと、レゴに関するものであること、そしてほかのウェブサイトのリンクを載せないことだ。このような規定があることで、小さなレゴファンたちが、思いっきりレゴの世界を楽しめるようになっている。

 2017年以内に世界16カ国で展開予定とのことで、日本語への対応も楽しみに待ちたい。

■LEGO® Life
https://www.lego.com/en-us/life