TOPICS

チームワークを自動で可視化するSlackボット「A;(エー)」

March 13, 2017

 ビジネス向けのチームコミュニケーションアプリのSlackは、世界中のIT業界やスタートアップ企業を中心に利用されており、ここ日本でも利用する企業が増加傾向にあるようだ。そんなSlack利用者たちが、より良いチームワークを築くためのツールが登場した。

 チームワークを可視化する「A;(エー)」は、チームのSlackに接続するだけで、チャットのやり取りや行動データを収集して解析を行う。チームメンバー同士の関与度や熱意などを可視化することで、より強い組織を作り成果につながる方法を実践することがねらいだ。

 A;(エー)によって可視化されるのは、例えばチーム全体のコメント数の比率だ。さらにコメントもネガティブ、ポジティブ、ニュートラルとの感情によって区別されるなど、メンバーのコンディションも一目で分かるようになっている。

 また、チャット中にタグをつけたコメントを自動収集し、業務中の気づきや進捗を共有する日報のように利用することも可能だ。これによって、日報を提出する手間が省けるので、本質的な仕事により多くの時間を割くことができる。

 チームのつながりや熱意、感情や行動などを常に把握するのは難しい。Slack利用者は、さっそく試してみる価値がありそうた。

■A;(エー)
https://a.laboratik.com/