TOPICS

電話もメールも不要に? 日程調整に特化したチャットボットサービスが便利〈後半〉

March 24, 2017

 日程調整に特化したチャットボットサービス「INST Bot for 日程調整」(以下INST Bot)は、企業とその個人カスタマーの両者が使いやすい仕組みを実現している。

 まず最初に、企業側は顧客に対して自社のLINE@の情報を送る。LINE@の情報を受け取った個人カスタマーは、LINE@と友達になってアプリ許可認証をすると、ボットが起動する。それ以降の基本的なスケジュールング作業はINST Botが行い、最終の日程確認だけを目視で行うことになる。

 その確認作業も管理画面で行うことができ、もしも人力でヒヤリングが必要な場合も、管理画⾯からカスタマーのLINEとやり取りすることが可能だ。これらの仕組みはすべてパッケージ化されているので、プログラミング知識やLINE@APIとの接続知識などを持っていなくても、簡単に利用できるとのことだ。

■労働人口が減少する日本の産業の手助けに

 INST Botを開発した株式会社INSTは、創業から2年余りのスタートアップ企業だが、すでに約130社の法人と取引を実現しており、第1期から第2期にかけて、約700%成長を遂げている。また、アウトバウンドでの営業は行っておらず、Webからの問い合せやクライアントからの紹介が100%だという。

 さらに、社員全員がリモートワーク可能で出社の義務はなく、社内の連絡はメールを使わずにSlackを利用しているとのこと。副業も許可しており、実際に同社の最高技術責任者はシステム開発会社を設立したのだそう。

 同社の代表取締役の石野さんは「法人と個人のコミュニケーションを、スマートフォンで最適化、チャットボットで自動化していくことで、生産性を向上できるはず。そのシステムを作ることによって、今後労働人口が減っていく日本の産業の手助けになればと思っています」と、今後のビジョンを語ってくれた。

■INST Bot for 日程調整サービスサイト
http://schedulebot.inst-inc.com/

■前編はこちら
http://rn2btt.radionikkei.jp/topics/001983.html