TOPICS

音楽ビジネス最前線! ストリーミングサイト「Pandora」の有料配信は成功するか?

March 29, 2017

 音楽ビジネスが定額の配信制へとシフトしている中で、新たな音楽ストリーミングサービス「Pandora」が登場した。

 すでに市場のトップを走るSpotifyやApple Musicが存在するだけに、新規のサービスを運用することは少し難儀にも見えるが、Pandoraのほかのサービスとは異なる特徴は、ユーザーが好きそうな曲を選んで流してくれるという部分だ。

 再生履歴などから好みの音楽を提案してくれる機能は既存のサービスにも付いていたが、Pandoraの場合はラジオ型のストリーミングサービスとして売り出している。ユーザーがPandoraで好きな曲をいくつか選ぶだけで、自動的に好みの曲が詰まったプレイリストを作成してくれるというわけだ。

 ジャンルやオケージョン別に分かれたプレイリストは既存のサービス上でも表示されるが、正直言ってあまり好みではない曲が混在している場合も多いだろう。

 また、音楽をわざわざ選んでプレイリストを作成するにも手間がかかるので、その時間が短縮されるのは非常にポイントが高い。さらには、Pandoraが表示した自分好みの曲の中から、新たなお気に入りの音楽との出会いも考えられるだろう。

 Pandoraが提供するサービスの特徴は、現在の音楽リスナーたちのライフスタイルに非常にマッチしそうだ。値段も月額9.9ドルと、他者のサービスと同等。今後のシェア率によっては、人気ストリーミングサービスの1つとして浸透していくかもしれない。

■Pandora
http://blog.pandora.com/