TOPICS

ATMもカードレスに? セブン銀行がスマホ入出金サービスをスタート

May 8, 2017

 キャッシュカードも必要とせず、スマートフォンだけでATMからお金を引き出せる「スマホATM」をじぶん銀行がスタートさせた。全国約2万3000台のセブン銀行ATMで利用できるようになった。ターゲットはずばり、20~30代のスマホ世代だ。

 カード不要でATMから入出金できるサービスは、NFCや静脈認証など複数方式が国内外で展開されているが、読み取り装置の追加など、ATMの改修が必要なために展開にコストがかかる課題があるという。

 しかし、スマホATMはQRコードをスマートフォンで読み取る方式を採用しているため、ATMの改修が不要でNFCに対応しないiPhoneやAndroidスマートフォンで幅広く使える点もセールスポイントとなっている。

 今回のスマホATMサービスを「次世代の銀行取引」と説明するじぶん銀行の鶴我明憲社長は、「膨らみがちの財布から、カードを1枚減らすことができる」と施策について熱く語る。

「決済サービスがスマホに集約される流れの中で、『キャッシュカードもスマホに入らないのか』という声を顧客から受けていた。ネットバンクのいつでも便利というメリットに加えて、多くの人に多くの場所で、を実現できる。じぶん銀行の利用者のうち、半分が20~30代。スマートフォンとともに生きている人々の利便性をさらに高められる」(鶴我社長)。

 また、鶴我社長によれば、このサービスによって直接的な収益増とは考えておらず、利便性向上によって口座件数の増加を見込んでいるという。デジタルネイティを攻略するには、実に巧みな一手といえるのではないだろうか。

■じぶん銀行
http://www.jibunbank.co.jp/