TOPICS

サービスの種類や繋がりが一目瞭然!「EC業界相関図2017年度版」を発表

May 11, 2017

 世はネットショッピングの時代である。読者の中にも、ほとんど全ての買い物をオンラインで済ませているなんて人もいるのではないだろうか。

 ここ数年、大企業のEC売上高は上昇の一途を辿り、それにともなってEC化率も上昇を続けている。が、いまだEC店舗の運営に乗り出せていないという中小小売店の方々は少なくないはず。そんな方々に、とにかく見ていただきたいのが、ECのミカタ株式会社が作った「EC業界相関図」だ。

 2014年から毎年発表されているこの相関図は、ECに関わる様々なソリューション企業の事業内容をまとめたもの。掲載企業は「販売戦略」「集客・販促」「店舗管理」「顧客対応」からなる4つのカテゴリーに分けて、それぞれ紹介されている。

 しかも、この「EC業界相関図」は、流行り廃りの激しいEC業界の最新トレンドに対応するため、1年に一度、ツールやサービスを更新して発表されている。2017年度版では、「モール」カテゴリに、「ラクマ」「メルカリ」といった「C to C(※一般消費者同士が物品などの売買を行うこと)」企業が加えられたほか、集客・販促カテゴリに「LINE」に代表される「One to Oneコミュニケーション」が追加されている。

 これからネットショップの運営をする上で、最初に何を考えるべきか、そしてどの企業に依頼すべきなのかを、ひと目で総合的に理解することが出来る構成となっている「EC業界相関図」。「ネットショップはやってみたいが何から始めて良いか」と思い悩み、足踏みしてしまっている小売店の方に、自信を持っておすすめしておきたい。チェックすれば必ずEC業界の最新トレンドを理解する糸口がつかめるはずだ。

 なお「EC業界相関図」は、ECおミカタ公式サイトにて無料会員登録を行えば、誰でもダウンロードすることが可能となっている。

■EC業界相関図2017
https://www.ecnomikata.com/knowhow/detail.php?id=14106