TOPICS

カタログ型フリマアプリの新ジャンルを確立!本に特化した「ブクマ!」が人気の秘密

May 25, 2017

 株式会社Labitが運営する、本をバーコードから出品できるフリマアプリ「ブクマ!」が、iOS版の先行リリース期間に出品冊数が累計20万冊を突破した。

 ブクマ!の特徴は、書籍に記されているISBNバーコード(国際標準図書番号)をスマートフォンでかざすことで本のタイトル・著者・出版社等のAPIデータを入手できる点で、撮影の手間もないため、"世界最速10秒で出品"をウリに着実にシェアを伸ばしている。
 
 16年の出版物推定販売金額調査によると、日本国内の出版市場は1兆4,709億円と緩やかに減少が続いている一方で、モノのリユース文化、シェアリングエコノミー、CtoCフリマアプリ全体の市場成長が著しく、古本市場の伸びが期待されている。
 
「ブクマ!」ではこれまで市場に流通していなかった書籍の二次流通の潜在マーケットに着目し、大型古本チェーン店や既存のフリマアプリを利用していないユーザー層の獲得に成功。18年度の流通総額は140億円を目標としており、今後は新刊本の取り扱いのほか、書籍以外のメディアにおける水平展開についてもマーケットテストを実施しているとのことだ。
 
 出品作業の煩わしさからフリマアプリを敬遠していた人も、これを機に自宅で埃をかぶったままの書籍を出品してみてはどうだろう。

■ブクマ!
http://xn--pck0dza.com

■iOSアプリのダウンロード
http://bit.ly/BUKUMA-iOS

■Androidアプリのダウンロード
http://bit.ly/BUKUMA-Android