TOPICS

あなたの家は大丈夫? 海面上昇をシュミレートしてくれるARアプリが話題に

July 10, 2017

 先日トランプ大統領が、2020年以降の地球温暖化対策をまとめた国際協定である「パリ協定」からの離脱を表明した。

 国内の石炭産業を復活させる事で雇用を増やすというお題目を掲げているが、実際はロシアゲート疑惑によって失ったワーキングクラスからの支持を回復することを目的とした、場当たり的な愚策と言えるだろう。

 ポスト・トゥルースという麻薬に溺れる人々がどのように反論しようとも、データを見れば地球の気温が上昇傾向にある事は一目瞭然だ。中国に次ぐCO2排出大国であるアメリカがパリ協定から脱退すれば、地球温暖化は一層進むのは間違いないだろう。とはいえ我々が海面の上昇をはじめとする温暖化がもたらす弊害を実感する機会は、それほど多くない。こうした状況にカウンターをかけるべく開発されたのが、ビジュアルアーティストのジャスティン・ブライス・グアリグリアとアプリ開発スタジオ「Strange Flavor」そしてソフトウェア企業「Second Verse」が共同開発したiOSアプリ「After Ice」だ。このアプリは、地球温暖化に伴う極地における氷の融解と海面上昇のデータをもとにユーザーが今いる場所が、将来どの程度水没するかを視覚的に伝えてくれるというもの。

 GPSとカメラへのアクセスを許可すると、現在地の海抜および2080年の時点でどこまで水に覆われるかをカメラ映像にAR(拡張現実)という形で表示してくれる。さらにNASAが予測した2080年代のニューヨーク市100マイル圏内における海面上昇の正確な影響を見ることも可能だ。

 After Iceの機能はたったこれだけ。これ以上ないというくらいシンプルだが、やがて来るかもしれない未来をヴィジュアルとして見せつけられると、温暖化問題について関心を持たざるを得なくなるのも確かだ。まずはお試しあれ。そして周囲の人にもオススメして欲しい。ちなみに筆者が住む家は完全水没状態でした。

◼After Ice By secondverse
https://itunes.apple.com/us/app/after-ice/id1222419939?