TOPICS

体重計が劇的に進化! 3Dスキャンで筋肉や贅肉を把握するハイテクモデルが誕生

July 12, 2017

 ダイエットや健康の維持に気を使う人であれば、1日1度は乗っているであろう体重計。そんなヘルスケアアイテムも現代のテクノロジーの進化により、体を3Dスキャンできる技術を搭載したモデルが登場した。

 その名は「Shape Scale」。体のどの部分に筋肉がついているか、一定の期間で体型がどのように変わったか、などをデータとグラフィックでとらえることができる。

 もちろん、現在でも体脂肪やBMI指数まで計測できるモデルは発売されるが、スケールにアームが付いた形状の「Shape Scale」は、アームの先にスキャナーが設置され、体重計に乗った人をアームがぐるっと360度回転してスキャンすることで、体のどこに筋肉や贅肉がついたかを確認できる仕組みだ。

 このデータはスマートフォンのアプリに転送され、ウエストや太もも、胸などの各部位のサイズ、パーツごとに筋肉量や脂肪量が表示される。そして、数字だけでなく、実際に自分自身がビジュアルに表示され、それらを客観的にチェックできるのが魅力的だ。つまり、エクササイズの成果を目で確認できるというわけだ。

 そんな「Shape Scale」はサイトでプレーダー受け付けがはじまったばかりで、小売価格は499ドル(プレオーダー価格は299ドル)を予定。発売は2018年前半で、世界どこにでも発送してくれるとのことなので、気になる方は是非チェックしてみてもらいたい。

■ShapeScale
https://www.shapescale.com/