TOPICS

スマホで呼び出し可能! 完全自律型の移動式コンビニ「MOBY MART」がスゴイ

August 15, 2017

 自動運転車に注目が集まっている。IT大手Googleは自動運転車の公道テストを実施しているほか、アップルも自動運転車用のAIシステムを開発中。4月に警察庁が実験の基準案を示したことを機に、日本でも無人車が公道を走行できることになり、無人車の実用化は待った無しといったところだ。

 そんな自動運転車を使って、とんでもないビジネスを展開しようという剛の者が現れた。スェーデンのスタートアップWheelys社だ。同社が中国の合肥大学と発想したという「MOBY MART」は、なんと自動運転テクノロジーを応用した完全自律型のコンビニ。ユーザーはスマートフォンを使って、この移動コンビニを呼び出し、食料品、衣料、雑貨などをキャッシュレスで購入することが出来る。

 ユーザーは、専用アプリを使って最も近くにいる店舗をスキャンして「MOBY MART」を呼び出し、スマートフォンを使ってドアをオープン。同じくスマートフォンを使って、欲しい商品をスキャンしたのちにチェックアウトしたら、そのまま持ち帰ることが出来る。料金は、後日口座から引き落とされるという流れだ。

 さらにこの「MOBY MART」、屋根の上には4台のドローンが配備されており、子機として無人機配送を行なってくれるほか、ソーラーパネルを搭載した電気で走行し、周辺への汚染を防ぐ空気清浄機を設置するなど環境への配慮も充分。

 確かに夢のある事業ではあると感じるが、果たしてコストに見合う収益を上げることが出来るのだろうかとも感じる「MOBY MART」。しかし「世界のあらゆる駐車スペースを新しい24時間営業の新しい店舗に変えます」とのキャッチフレーズから察するに、隙間スペースの活用なども想定しているのだろう。また単なる移動小売店としてではなく、アドトラックとして機能させるなどの使い方も出来そう。

 現在は、現在は上海にてベータテストを行なっているとのことなので、数年のうちには実用化される運びとなりそうだ。

■The Moby Mart
http://www.themobymart.com/