TOPICS

3Dプリンターの価格破壊? 1万円で購入できるモデルを元APPLE社員が開発

August 18, 2017

 DIY好きのギークたちに革命を起こした3Dプリンター。このテクノロジーガジェット無くして、昨今のドローンブームはなかったと言われている。以前は困難だったワンオフ・パーツの制作が飛躍的に簡易化されたからだ。

 とはいえ3Dプリンターは高い。社会人はともかく、若者にとっては高嶺の花と言わざるを得ないのが実情だ。しかし今回、Appleでプロジェクトマネージャーとして活躍していた経歴を持つMichael Husmann氏が発表した3Dプリンター「Obsidian」は、そんな状況を一気に帰る起爆剤となるかもしれない。 Obsidianの特徴は、何と言ってもその激安価格。なんと99ドル、およそ1万円と下手をしたら2Dプリンターよりも安い。出力できる素材は、PLA樹脂、ナイロン、ABS樹脂、PETG(ポリエチレンテレフタレート)、ポリカーボネート、カーボンファイバーなど。およそ30センチの立方体なので少し大きめのデスクならば、ストレスなく設置することが出来る。

 現在、Obsidianは、クラウドファウンディングサイト「Kickstarter」にて購入可能。なお、LCDタッチスクリーンを搭載した上位機種「Obsidian Plus」(149ドル)、スマートデバイスを使ったリモートコントロールが可能で日本語にも対応している全部載せ最上位機種「Obsidian Deluxe」(249ドル)もラインナップしている。

 ますます低価格競争が激化しそうな3Dプリンター市場。数年後には一家に一台、小中学生の自由研究に使われるなんて日が到来するかもしれない。

■Obsidian 3D Printer: High Quality, Sleek, and Affordable.
https://www.kickstarter.com/projects/1403065126/obsidian-3d-printer-high-quality-sleek-and-afforda/description