TOPICS

日本郵便のサービスが地味に進化中!! メリカリやヤフオクと連携開始

August 21, 2017

 出品者であれ、購入者であれ、それなりに熱心なネットオークションユーザーならば、絶対に一度はお世話になったことがあるであろう「はこBOON(はこブーン)」。

 伊藤忠商事、ヤフー、ファミリーマート、ファミマ・ドット・コムの4社が協同で運営している同サービスは、公式サイトを通じて発行される受付番号をコンビニ店頭に設置されている端末に入力して発送手続きを行なうというもの。それまでは住所記入はじめ煩雑だった発送作業を簡便化したことにより、オークションファンからの支持を集めていた。

 ところが一連の過重労働問題もあってか、ヤマト運輸がサービスからの撤退を表明。2017年8月9日をもって、残念ながら一時休止されることにとなった。はこBOONに頼りきりだったユーザーの中には「オークションから足が遠のいた」という方も多いのではないだろうか。

 そんな方々に紹介しておきたいのが、日本郵便が6月20日にスタートした「e発送サービス」である。このサービスは、送り状の手書きが不要になるというもので、まさに"ポストはこBOON"と呼べそうなサービスだ。  対応するオークションサービスは、「メルカリ」「ラクマ」「フリル」「ヤフオク!」「モバオク」など。これらのサービスが送料を一部負担する形を取っているため、料金が割安となっているのもセールスポイントと言えるだろう。  また「メルカリ」に関しては匿名での発送が可能となっているため、面倒な相手に個人情報を握られてしまうといった事態も防ぐことが出来そうだ。

 なおこのサービスは、「ゆうプリタッチ」設置の郵便局(約1,000店)、「Loppi」設置のローソン(約12,300店舗)、ミニストップ(約2,200店舗)で利用可能。なお、ゆうプリタッチ設置郵便局は、年内に約 5,000 局に拡大する予定とのことだ。

■e発送サービス|ローソン
https://www.lawson.co.jp/service/shipment/e-hasso/