TOPICS

脳錯覚ダイエット? 脳の働きを利用して代謝をアップさせるヘッドセットが登場

September 27, 2017

 脳の働きを利用して代謝をアップさせダイエット効果を実現するヘッドセットがアメリカで誕生した。

 Indiegogoに登場した「MODIUS」は、カリフォルニア大学サンディエゴ校の神経科学者が開発しもので、脳の脂肪貯蔵を制御する部分に信号を送ることでより多くの脂肪を燃やすよう促す製品だ。

 脳にどのような信号を送るかというと、低レベルの電気パルスで間接的に視床下部を刺激する。すると脳はこの刺激を「より少ない体脂肪を貯蔵するための信号」として解釈するのだそうだ。

 これにより、食べる量が普段より少なくても空腹を感じずに済み、代謝を活性化させれるのでダイエット効果に繋がるとされている。

 ヘッドセットの使用方法は簡単で、毎日もしくは1日おきに45分間着用するだけ。テストではインスリンと、飢餓ホルモンのレプチンの大幅な減少が見られたほか、実験例の中には体脂肪を16パーセントも削減した人もいたようだ。

 ダイエットをしたくても運動が苦手、毎日するのは面倒、どうしても続かないという人は少なくない。食事を制限すればいいと分かっていてもどうしても我慢できず食べてしまいダイエットに失敗する人も数多く存在する。

 また、仕事が忙しくて運動をする機会が減ってきた、年齢が上がり代謝が衰えてきて若い頃より脂肪が蓄積されてきたなど、ダイエットへの悩みは千差万別だ。しかしヘッドセットを着用するこの方法であれば誰でも簡単に、そして長続きさせることも難しくない。

「MODIUS」はダイエット志望の人たちの間で、新たな「ダイエット愛用グッズ」として流行するかもしれない。

■脳の錯覚を利用して脂肪を削減するヘッドセット「MODIUS」
https://techable.jp/archives/62712