TOPICS

もう嘘はつけない? 繊細な感情の変化や表情の違いを見抜く鋭いAIが登場

October 5, 2017

 我々一般人はバラエティ番組くらいでしか目にすることのない「嘘発見機」。脈拍、血圧、呼吸の変化を分析するスタイルが一般的だが、脳波や声紋など、被験者の嘘を発見するというシステムも存在している。

 かつては国家機関や企業などで盛んに採用されきたが、長年その精度や信頼性に対して疑問の声が上がっていた。しかしそんな嘘発見器の世界に新星が現れた。それがAI関連スタートアップ「Silver Logic Labs (SLL)」が開発したAIを活用した嘘発見器だ。

 SLLはエンターテインメント業界をホームグラウンドに、顔や感情などの認識 をビジネスとしている企業で、映画や放送といったビジネスの最適化を中心に、市場調査、広告、音楽、演技、法執行など人間の感情に関わる分野にソリューションを提供している。

 同社が売りにしているのは、カメラを使って人間の微細な動きを分析し<その人が何を感じているか>を判断出来るアルゴリズム。つまり、人の表情や動きから、その時の本当の気持ちや次に起こす行動を予測するサービスだ。

 被験者の本当の気持ちを知ることが出来る技術として注目を集めているこのアルゴリズムだが、医療分野での活用も期待されているのだとか。同社のCEOであるジェレマイア・ハモンは「例えば人間の目では判断しにくい脳卒中の前兆を検知することが出来る」と主張している。

「目は口ほどに物を言う」を地で行くSLLの新技術。上手く使えば、お互いの気持ちを正しく理解し、より良い関係を築く手助けをしてくれるだろう。しかしやっぱり自分が何を考えているのかが筒抜けになってしまうことを考えると、ちょっと怖い気もする。

 ちなみにこのサービス、すでにアメリカのテレビ局「ABC」、「FOX」、映画製作・配給会社「FOCUS FUTURES」などに提供されているとのこと。実際にどう活用しているかが気になるところだ。

◼Silver Logic Labs
http://silverlogiclabs.com