TOPICS

アジアが欧米をリード!! 1600万色が発色可能なフルカラー3Dプリンタを発表

November 2, 2017

 台湾を拠点に日本にも展開している企業、XYZプリンティングジャパンは、FFF(熱溶解積層)方式で1600万色のフルカラー出力が可能な3Dプリンタ「ダヴィンチ Color」を発表した。

 同機種は、3DプリンタのFFF方式と2Dプリンタのインクジェット技術を融合させた「インクジェットモデリング」技術により、造型が一層ずつ完了するごとに本体内蔵の4色(CMYK)インクにより着色していく方式を採用している。

 なお、FFF方式とはPLA(ポリ乳酸)などの樹脂を加熱しながらノズル(エクストルーダー)から押し出し、積み上げることによってプリントモデルを作成する型式を指す。

 FFF方式に用いられる樹脂としては、PLAの他にABS樹脂(アクリロニトリル、ブタジエン、スチレンの合成樹脂)などが挙げられるが、ダヴィンチ Colorでは着色可能な専用PLAフィラメントの利用を推奨している。

 本体サイズは600(幅)×581(奥行き)×640(高さ)mm、重量は32.3kg。操作用インターフェイスとしてカラータッチパネル(5インチ)を採用しており、直感的な操作が可能だ。

 Wi-Fi接続(IEEE802.11 b/g/n)にも対応している他、プリントプラットフォームにマグネット式を採用することで、造形時の安定度を高め、印刷後の取り外しも容易となった。

  なお、同製品は2017年1月にラスベガスにて開催されたCES 2017にて、イノベーションアワードを受賞している。本体価格は728,000円(税抜)で、送料や設置費用などは別途負担となる。

■XYZ printing
http://www.xyzprinting.com/ja-JP/product/da-vinci-color