TOPICS

ディスプレイが激変する発明かも? 配線不要の防水LED照明が話題に

November 14, 2017

 GREEN FUNDING(クラウドファンディングサイト、TSUTAYAグループ運営)に登場したワイヤレスLED照明「X-BASE(クロスベース)」が話題になっている。

 X-BASEはワイヤレスLED照明と、台座(パワーステーション)からなる。LEDの直径/高さはわずか4.5mmで、市販の接着剤などで簡単に取り付けられるため、プラモデルの関節部分など細部にも取り付けられる。

 設置にあたり、配線や抵抗値の計算なども不要なため、購入後すぐに使用できる点もメリットだ。また、LEDユニットは防水仕様で、アクアリウムのアクセントなど水中でも使用できる。LEDの点灯色はホワイト/レッド/ブルーなど7色を用意しており、ユーザーの自由な発想による光の演出・ディスプレイが可能だ。

 パワーステーションは磁気方式により、30cmのディスプレイ空間にワイヤレスで電力を供給する。近年発表されたiphoneX(ワイヤレス充電を採用)のように、身近な製品でもワイヤレス給電方式は実用化されつつあるが、X-BASEでは離れた位置まで電力を伝送できる「磁界共鳴方式」を採用し、ディスプレイ空間への電力供給を可能にしている。

 供給電力が大きい(最大伝送能力:15W)ため、数十個から数百個のLEDを同時に光らせることも可能で、「光る」にとどまらない表現力を秘めているという。

 X-BASEはGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング中。目標額100万円に対し、6倍以上となる670万円を集めることに成功している。商品の予定配送時期は11月下旬としている。

 これが市販化されると、街中のディスプレイが大幅に変わる可能性がある。新たな広告ツールとしても期待したい。

■X-BASE(GREEN FUNDING)
https://greenfunding.jp/lab/projects/2009