TOPICS

テザリングも完全対応! 超小型のSIMフリー携帯を日本がリリース

December 25, 2017

 フューチャーモデル株式会社が11月10日にリリースした、カードサイズのSIMフリー携帯「NichePhone-S」が話題になっている。

 本体サイズは90×50×6.5mm。ほぼクレジットカードと同サイズで、Yシャツの胸ポケットや名刺入れ、長財布などにも問題なく収まる。本体重量は38gと軽量で、持ち歩くのにもかさばらない。

 コンパクトなサイズながら、ボタンは若干大きめにデザインされているため、操作性も悪くない。 音声通話やSMSメール送信に加え、ボイスレコーダーや音楽再生機能(mp3/wav/MIDIなど)も搭載されているが、カメラ機能などはなく、そのシンプルさは一昔前のガラケーを彷彿とさせる。

 SIMはNTTドコモ、ソフトバンクの3G回線に対応しており(LTE非対応)、両社のネットワークを利用しているMVNO事業者のNanoSIMカードが利用可能だ。

 特筆すべきはBluetooth対応であること。スマートフォンやタブレット、パソコンとのティザリング接続が可能だ。Wi-fiネットワークのない場所で、小型Wi-Fiルーターのような利用もできる。また、Bluetooth対応製品(ヘッドフォンなど)を接続して使うこともできる。

 バッテリー容量は550mAhで、連続通話時間は3時間、連続待ち受け可能時間は72時間。

 名刺入れからおもむろに取り出して通話を始める、スマホを取り出すのは憚られる場でこっそりボイスレコーダーとして起動しておくなど、そのコンパクトなサイズを活かし、色々と応用が利く場面も多そう。

 いざという時のWi-Fiルーターとしても使えそうだが、LTE非対応のため回線速度には予め注意が必要だ。

■NichePhone-S
http://futuremodel.co.jp/product_list/FmProduct_list/Niche_Phone.html