TOPICS

2018年3月までの限定! ネットニュースを時系列で可視化する「インターネット歴史検索館」とは

January 11, 2018

 2018年3月までの時限サービス「インターネット歴史検索館」が話題だ。「インターネット歴史検索館」はインプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dが創設25周年の記念企画として公開したもの。

 ネットニュースINTERNET Watchのアーカイブをベースとし、月刊誌インターネットマガジン、年鑑インターネット白書による歴史情報を探索することができる。

 さっそくこの「インターネット歴史検索館」を使ってみた。キーワード検索をすることでINTERNET Watchのアーカイブから該当する情報を引き出すことができる。また、インターネットマガジン、インターネット白書から関連記事を表示することも可能だ。あくまでINTERNET Watchの記事が検索対象だが、幅広いインターネットに関する記述が検索結果に表示される。

 例えば「スマホ」で検索するとスマホという単語が含まれる記事を並べた年表が表示される。最古のものは1999年8月3日の「米Sun Microsystems社が音声/画像処理などに向いた新設計の汎用マイクロプロセッサーを開発した」というものだ。その記事内にスマートフォンという単語があり、スマホという言葉はこの年代から存在していたことが分かる。

 また、検索ワードは最大3つまで入力可能で「マイクロソフト」「グーグル」「アップル」を入れるとOSの覇権争いの歴史を見ることができ、「Twitter」「Facebook」「mixi」の3つで検索するとSNSの流行り廃りなどがわかるようになっている。

 生まれたときからインターネットを身近なものとして育った世代が成人になりつつある昨今、このようにインターネットの歴史を知ることはビジネス面でもおおいに役立つかもしれない。

 まだ見たことがない人は、一度この「インターネット歴史検索館」を覗いてみることをおすすめする。

■ インターネット歴史検索館
http://timemap.info/internet/