TOPICS

「学校教育×IoT」がテーマ!  ProgressTimeによる高校生対象IoTアイデアソン開催

February 1, 2018

 中高生向けのキャリア教育プログラム「ProgressTime」を提供するtyotto Inc.は、NTTデータとともに高校生を対象とした「IoTアイデアソン」を2月3日(土)に開催する。定員は36名、参加費用は無料だ。

 学校生活に不満や物足りなさを感じている高校生が一同に集まり、学校教育に大きな変革をもたらすアイデアを考えるというのがこの企画のコンセプトだ。

「学校教育×IoT」をテーマにチームでアイデアを練り、審査員を含めた参加者の前でプレゼンテーションを実施。最優秀賞に選ばれたチームは、NTTデータライフデジタル事業部へのプレゼン権を得ることができ、自ら考えたアイデアを製品化できるチャンスを掴める。

 このアイディアハッカソンの背景には、今後の社会に変革を起こすようなアイデアを練ることで、普段学校では味わえない学びの楽しさの実感に加え、ITに対する興味、更には「自分には無限の可能性がある」という自己肯定感向上の3つの要素があるとのこと。

 AR、VRとならび将来の注目分野であるIoT。このコンテストから、未来の日本を背負って立つ人財が生まれることを期待したい。

■PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000027993.html