TOPICS

電通が本気でAI事業に参戦! プロジェクトチーム「AI MIRAI」を設置

March 16, 2018

 株式会社電通は社内のプロジェクトで培った最先端の人工知能(AI)のノウハウを活用し、AIの活用を社内外で推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI」(エーアイ・ミライ)を発足した。

 電通いわく、2010年代前半から第三次AIブームが到来しており、それに伴い、AIがビジネスの領域で活用され始め、社会変化のきっかけになっているとのこと。そうした反面、AIをビジネスでどう活用するかという見極めが重要になっているという。

 そこで電通はAI MIRAIを発足。電通のクリエーティブ・メディア・情報システム・働き方改革といった分野でAIを活用している40名のエキスパートで構成されている。

 まずは、電通の本業である広告・マーケティング領域でのソリューション開発をおこなう「AI MIRAI Marketing」、働き方改革と生産性向上に伴うビジネス改革を目指す「AI MIRAI Workstyle」、電通の幅広いネットワークを活かして各パートナー企業と協業して新規ビジネス開発を推進する「AI MIRAI Business」の3つの領域でサービス・ソリューションを開発していくという。

 電通はすでに、テレビ視聴率予測システム「SHAREST(β版)」やAIによる広告コピー生成システム「AICO」(β版)など、AIを用いたシステムなどを開発している。

■電通AIプロジェクト AI MIRAI
http://www.dentsu.co.jp/business/digital_marketing/ai_mirai/