TOPICS

Macの未来はキーボードレス? Appleがデュアルディスプレイの特許を取得

April 17, 2018

 Appleが新型MacBook Proのために「2画面型折り畳みデバイス」の特許を新たに取得した。2015年9月に提出され、2018年2月末に米国特許商標庁によって公表されたもので、同庁はAppleに「視認性を向上させ、反射を抑えたデュアルディスプレイ装置」という特許を付与した。

 概念図には折りたたみデュアルディスプレイが描かれており、第2のディスプレイを動的キーボードとして使用する装置についての説明がなされているという。

 また、下部のディスプレイには、トラックパッドやキーボード、または他の入出力装置が収容でき、上下ディスプレイはどちらも、タッチスクリーンにもなるとか。

 この概念図から考えられる外観には、2つのディスプレイがMacBookのようにヒンジで接続されたタイプと、Surface Proに見られる2in1のようなキーボードとディスプレイを取り外して使用するタイプの2種類がある。

 なお、アプリケーションに関連する図には、片方の画面はOLEDディスプレイで、もう片方の画面はLCDであることが示されている。

 さらに特許では、2つのスクリーンからの反射を可能な限り抑えるべく、偏光子を使用する方法も記されている。また、特許に示される"視認性を高め、反射を抑える機能"についてはユーザーが着用する偏光サングラスによってフォローするようだ。

 特許を取得したからといって必ずしも製品化されるわけではないが、ガジェット好きには新しい製品の可能性はなんであれ興味深い。キーボードレスなMacが誕生するどうか、今後の動きに注目だ。

■United States Patent and Trademark Office
http://pdfpiw.uspto.gov/.piw?Docid=09904502