TOPICS

メルカリが教育ビジネスに参入? 学びのフリマアプリ『teacha』公開

May 25, 2018

 メルカリの子会社ソウゾウが、教える人と学ぶ人を繋ぐアプリ「teacha」(ティーチャ)のiOS版・Web版をリリースした。ソウゾウはこのアプリを「学びのフリマアプリ」を銘打ち、気軽にレッスンをおこなえる仕組みを提供していく。

 teachaの仕組みはいたってシンプルだ。教えたい人は勉強や趣味などのジャンルでレッスン登録をするだけ。あとは学びたい人が自分に合うレッスンを探して購入する。教える側は最短で30分・500円からレッスン登録が可能で、受講者数も1人だけでなく最大6人まで設定できる。レッスンは実地・オンラインを問わない。

 利用できるのは18歳以上限定となっているが、ソウゾウが365日24時間体制でメッセージのやり取りや通報などを確認し、講師には公的証明書による本人確認を行うなど安全に運営できるよう取り組んでいる。

 現在登録されているレッスンには英会話、ピアノといった習い事から、簡単なトランプのマジック、ゲーム開発などがある。新たな生徒獲得の場を探す講師や、特技をいかして何かをしたいと考える人はこのサービスを検討してみてはいかがだろうか。

 なお、ソウゾウにはレッスン料金の20%を手数料として支払う必要があるが、2018年6月4日午前11時まではこの手数料が無料になるキャンペーン中となっている。スキルアップを目指し、この機会に試してみては如何だろう。

■ teacha
https://www.teacha.me/