BIZ&TECH Terminal

RN2

ネット犯罪体験サイト「にせサギ」誕生!運営を手がけるのは独学の個人?

ウェブサービス

05223.jpg 世の中にはびこるネット犯罪を、危険性のないまま体験できるサイトがあれば、いわゆる避難訓練のように人々の啓蒙活動に繋がるのではないだろうか。

「にせサギ」は、假屋陽介さんが福祉職に従事しながら休日に独学で制作したというネット犯罪を体験できる学習サイトだ。 假屋さんが大学時代にアルバイトで軽度知的障がい者の方と関わる中で、多くの障がい者ネット犯罪に巻き込まれることを知り、現在のわかりづらいネット教育ではなく、もっと簡単にわかりやすく学ぶ方法はないかと考えて制作に取りかかったそう。

 このサイトでは、ワンクリック詐欺や架空請求、フィッシング、偽セキュリティソフト、偽物の広告というあらゆる種類のネット犯罪が擬似体験でき、今までの紙媒体や映像作品よりわかりやすい。また、パソコン、スマートフォン、タブレットすべての端末での利用が可能だ。もちろんすべてのサービスは無料となっている。
 さらに、疑似体験できるネット犯罪の種類を増やすと同時に動画配信を行い、にせサギを用いたネット犯罪の教え方やネット犯罪の仕組みについて解説していく構想もあるとか。

 このようなサイトがきちんと普及することにより、ネット犯罪の数が減ることを願ってやまない。

■にせサギ
http://nisesagi.com

2015.05.22 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI