BIZ&TECH Terminal

RN2

またもやカヤック!今度は"職場ビル"で繋がるアプリ「ビルとも」をリリース

ウェブサービス

06083.jpg

 昨年末、東証マザーズに上場して以来、続々と新しいサービスをリリースするカヤックがまたしても"らしさ"の表れたおもしろいサービスをリリースする。

 それが、同じビルで働く者同士が、気軽に友だちになったり、イベントを開催できるコミュニティサービス「ビルとも」だ。

 該当するビルに入居している企業で働くビジネスマンであれば、Facebook認証を利用して、誰でも利用することが可能。登録者1人ひとりが「ビルとも」を情報交換やイベント交流の機会として活用することで、ビルコミュニティ全体が活性化するという仕組みだ。

「ビルの中には複数のテナントが入居して、たくさんの人が働いていますが、知り合おうと思ったときに知り合える機会やツールというのが今まであまりありませんでした。ありそうでなかった、というところでオフィスの一歩外に出た近場のコミュニティづくりのためのツールということでリリースいたしました」と語るのは、カヤックで広報を担当する松原佳代さん。

 例えば、ランチに行った飲みに行ったりと、活用方法は登録者次第でいくらでも広げることができる。今まで同じビルにいて、なんとなく気になっていた人と出会えるなど、新しい出会いが生み出してくれるのが嬉しいかぎりだ。

「数字目標としては公表していませんが、まずは多くの方に使っていただき「ビル会」(ビルともを使って、ビルの中で、飲食、会議、交流会といったイベントを開くこと)を開いてみていただきたいと思います。もし自分の働いているビルがなければ、自分自身で簡単につくることもできますので。そしてビル会を見つけたら、まずは気軽に参加してみてもらいたいと思います」(松原さん)。

 様々なビル会を開催して、独自のビルコミュニケーションを構築すれば、新しいパートナーや、共通の趣味を持つ友人が見つかるかも。もちろん、そこからビジネスに発展させるのもあり。同じビル同士なら業務も捗ること間違いなし?

■ビルとも
http://lp.bldg-friend.com/

2015.06.08 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI