BIZ&TECH Terminal

RN2

最強の助っ人現る!6言語に対応するバイリンガル・オンライン秘書が魅力的(前編)

ウェブサービス

1510011.jpg

 仕事を進める上で、海外とのやり取りが頻繁になっている企業が増えてきている。また、今後海外への進出を考えている企業も多いだろう。しかし、そこには必ず言葉の壁という問題が立ちはだかってくる。

 特に少人数で運営しているスタートアップや中小企業は、バイリンガルの秘書を雇うにはコストが見合わなかったり、適した人材が見つからない場合も頻繁だ。最終的に、社長や社員自らが海外とのやりとりを行っている場合も多いのではないだろうか。

 オンラインバイリンガル秘書「Clary(クラリー)」は、手頃な料金で必要な時にだけバイリンガルの秘書を雇うことができるサービスだ。運営を手がけるFUN SG PTE Ltd.は「オンライン・オフラインに関わらず、ファッションと語学を通じて世界をフラットにする」ことをコンセプトとしており「主要メンバーが、ロンドン、バルセロナ、セブ、東京に点在するユニークな会社です」とは広報担当の青木さん。

「日本には非常に優秀な起業家やビジネスマンがたくさんいます。しかし、言葉の壁のせいで一線を越えられず、ビジネスチャンスをモノにできずにいる方々を多く見てきました。そんな方々をサポートしたいと思い、"言語力を売りにしたクラリー"を立ち上げました」(青木さん)

 クラリーは英語、中国語、日本語、フランス語、イタリア語、ドイツ語の6カ国語に対応しており、料金はチケット制となっている。月額3680円のベーシックプランでチケットが5枚、1枚のチケットで1アクションを行うことが可能だ。

 バイリンガル秘書に対して、「営業資料をメールで送り、英語でアポイントを取って下さい」、「スカイプ3者間同時通訳で、交渉したいアメリカの会社があります」といった営業業務から、「セミナーをするので、大阪で安価な会議室を探して下さい」「こちらで用意した記事を、複数のSNS・ブログ・メルマガへ代理投稿して下さい」といったマネージメントや広報業務まで、具体的なアクションを依頼することができるという。

<後編に続く>

■Clary(クラリー)
http://yourclary.com/

2015.10.01 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI