BIZ&TECH Terminal

RN2

莫大な利益を生み出すか?Twitterの広告動画「First View」が満を持してスタート!

ウェブサービス

1602292.jpg

 大手からベンチャーまで、あらゆる企業が動画広告サービスに次々と着手している昨今。Twitterが、タイムラインの上部にプロモビデオ(動画付き広告ツイート)を表示できる広告商品「First View」を発表した。広告主がこのファースト・ビュー広告を購入することにより、プロモビデオを24時間限定でタイムライン上部に表示できる。

「マーケターは、Twitterの最も価値ある広告枠を、First Viewにより24時間確保することで、重要なオーディエンスリーチを獲得できる」と説明するTwitter。まずはアメリカでスタートし、その後提供地域を拡大する計画だが、広告料などの詳細は不明。

 Twitter Japanでも、2015年4月に、複数の広告主の協力のもと測定したプロモビデオの効果を発表。プロモビデオにエンゲージしたユーザーのうち43%の人が、その動画を視聴したことを記憶していたという。またエンゲージユーザーは、プロモビデオに接触していない人に比べて、訴求したプロモーションの認知率が、平均で136%高かったという結果も。プロモビデオにより、効果的に認知を得られることも周知された。(エンゲージ=動画の再生、リツイート、お気に入りへの登録)

 エンターテインメント業界などを中心に、さまざまジャンルにおいて新たな広告のあり方を模索できるFirst View。日本でもこのサービスがスタートするのもそう遠くないはずだ。

■Twitter
https://twitter.com

2016.02.29 |

  • 一覧へ戻る

関連記事

  • radiko.jp
  • podcast
  • Sound Croud
ページの先頭へ

ラジオNIKKEI